メンズエステ ドセラピストさんにタマを揉んでもらうも元気は失速 岡崎

hotspot

 

おすすめ抜ける体験談
(生IN)めっちゃ若いセラピストはいかがですか? 新栄
セラピストの評価はこちら!【総評】★★★★★若さ溢れるセラピスト嬢に生IN。いっぱい出しちゃいましためっちゃ若いです。10代と見間違える女性とセックスできました。皆さん見た目が10代とのセックスですよ。!【容姿】★★★★★興奮度MAXの生
(ゴムIN)エッチ大好き!性欲旺盛Fカップセラピストに遭遇 栄
セラピストの評価はこちら!【総評】★★★★★ゴムIN出来て最高のおっぱいを堪能。爆乳体験したい方は是非!【容姿】★★★★☆童顔で丸顔の笑顔の可愛い女の子。よくエロいっていわれるそうです。年齢は20代中盤~後半位で、爆乳に目が釘付けです。【再
(生IN)超敏感M体質の超スレンダー嬢に生IN! 高岳
セラピストの評価はこちら!【総評】★★★★☆綺麗なお姉さん風のスレンダーテクニシャン。クビレが最高で、ひろしが求めてた方に出会えました。【容姿】★★★★☆スタイルは全体的に細めのスタイルの、Dカップをお持ちの美女。超スレンダーで、顔もとても

 

メンズエステ ドセラピストさんにタマを揉んでもらうも元気は失速 岡崎

北京のオリンピック会場に行った。いわゆる「鳥の巣」というメインスタジアムである。昨年末に訪問したときも外観が出来上がっていたが、今回はその周囲の芝生、池、外周道路(片道5?7車線)が出来上がっていた。周辺のホテルは柵などの外回りの工事をしている。ほぼ95%完成ではないか。国家の面子(メンツ)にかけてよくやったなあと言う感じ。メインスタジアムには網の塀があってはいれない。100mおきに警備の若い警官が立っている。そぞろ歩きしている物見の客(自分もそうだが)が金網越しに写真を撮っている。
街の中でも「歓迎 奥运会(オリンピックのこと、オウユンフイと読む)」と言う看板があちこちで見かける。TVのCMも五輪競技の走ったり、飛込みをしたり、バドミントンをしたりの競技風景が映り最後に商品をPRするものが目立つ。まさに奥运会一色だ。
7月20日から自動車も奇数、偶数に分かれて半分しか北京市内に乗り入れられないそうだ。ひどい大気汚染の一時的な沈静策だ。
学生も今週あたりで例年より早い夏休み。2ヶ月ほどは奥运会に動員される。特に語学が出来る学生は中国に来る外人のアテンドでひっぱりだこらしい。
一般庶民は比較的冷静。物価も上がっているし、観戦チケットは高くて手に入らない。政府高官とは別に庶民は早くこの国家的なお祭り(大イベント)が過ぎ去るのを待っているようだ。

今日から3日間、半年ぶりの北京である。知人から「ずいぶん寒いよ」と脅かされてコートを持参したが、昼間は16℃で意外と寒くない。空港から市内まで楡系の街路樹が続くが、まだ落葉せず、うっすらと黄色くなっている。市内の目抜き通り(北京飯店とか天安門、故宮博物館等がある)の銀杏並木も黄色くなっていて結構美しい。歩行する人は見とれずさっさと歩く。中国人の知人に「紅葉を見る習慣はあるか」と言うと「ある」と言う。北京市内から車で1時間ほどの香山は紅葉の名所で今は賑わっているとのこと。中国駐在の日本人の知人に聞くと「騒ぐのが好きなだけ。ロープウェイは1時間待ち。歩いて登る人用の道も頂上まで列が出来、渋滞。そもそも“紅葉、落葉を見て”もののあわれ”を感じるメンタリテイはない」とのこと。自分も同感。
渋滞で思い出したが、来年8月からの北京オリンピックの会場に行ってみた。メインパビリオンの外観は完成していた。鳥の巣を模した鉄骨が複雑にからむデザインでなかなか壮観。メインアリーナも外観は出来ていた。周辺はまだ工事中。工事の車が出入りしていたり、高速道路も途中までしかできていない。後1年で大丈夫かと思うが、国家の威信をかけて何とか完成させるだろう。工事現場の中をここも物見遊山の客が来ていた。
市中も建設中のビルが多い。TV塔とか78階建て、高さ330mのビルも骨格が出来ていた。1?2年前に比べると発展振りは凄い。かつての上海はどこへ行ってもスクラップ&ビルドだったが、古都北京も近代ビルの都市に生まれ変わりつつある。

昨年同様、バンジョインズ先生のワークショップに参加するためにアメリカに来た。ANAでワシントン経由でローリー・ダーラム空港へ。
昨年は沖縄LAS(ワークショップ)の翌日が移動日だったので、羽田経由成田⇒アメリカで一人旅だったが、今回は落ちこぼれの会のメンバー9人と一緒。機内でもワイワイとにぎやかで楽しかった。海外が慣れておられない方が何人かおられるので私設添乗員としてサポートを行う。

彼は経理マンだが、現地スタッフのマネジメントも行っているので、人事評価や目標管理制度について尋ねた。日本の先進大企業と同じだった。
ただし、日本と違ってチームワーク重視で他の人の手伝いはしない。仕事の縦割り・横割りの線引きがはっきりしていて、プラスαのことはしない。アメリカンフットボールのように専門が決まっていてその中で任務を果たすことでチームとして成果を出すやり方だと思った。▲閑静な木立の間にある吉田邸。駅まで徒歩で15分。マンハッタンの喧騒とは別に健康な暮らしが満喫できる。

皆さん 野口英世博士を知っていますか?
昨日からゴールデンウィークを利用して思斉館(私の通う厚木の剣道場;滝澤建治八段が館長、滝澤先生は剣道雑誌にも多く登場し知名度の高い先生)婦人部の方々と福島へ遠征しました。福島には昨年夏まで師範をされていた富樫哲夫先生(教士七段)が引っ越されました。お世話になった先生をお尋ねして稽古しようという企画です。途中までは観光とおいしい物めぐり。宇都宮名物の餃子を食べ、喜多方ラーメンを食べ、本家ゆべしをつまむという旅です。五色沼もきれいでした。
猪苗代湖にある野口英雄記念館に立ち寄りましたが、感動しました。野口博士は皆さんもご存知のように福島の貧しい家に生まれ、1歳半のときに囲炉裏に手を入れ手を大やけどして5本の指がくっつく、その後地道な努力をして医者になりアメリカにわたり伝染病の研究をし様々な発見をし、最後はアフリカに渡り黄熱病の研究をし自らも病気にかかり殉職されたというすさまじい一生でした
記念館で知ったことの意外なことは小学校時代の成績は最初は普通だったことです。あの偉大な方も最初は我々と同じ凡人だったのかと思い安心もしました。ただ野口博士を取り巻く方々の献身的な姿が彼を変えて行きました。寝る間も惜しんで働き学費を工面する母親、彼の将来を考え進学の学費を出してくださった小学校の恩師小林先生、医者になろうという決意につながった左手を手術してくれた先生など素晴らしい出会いにより野口博士はアメリカで“マシン〔いつ見ても研究室で実験している〕”と呼ばれるくらい努力していく人になったのだということがよく分かりました。
「人は出会いによって人生が変わる/人生を変える」

因みに映画監督は、麻薬中毒者のドキュメンタリーも撮影、インタビューが上手で、皆かなりの本音を言っている、少年少女のバレエ学校時代から苦楽を共にしてきた団員同士でも心からの友人なんていないと云う。ダンサーは練習漬けの日でオペラ座以外での友人の交流は皆無、つまり皆孤独なのだ。強靭な精神力と体力がなければ、団員を続けていく事はできない。生存競争と言ったが、正に野生動物の世界と同様、弱肉強食なのだ。
それでも踊る、バレエを愛している抗生物質を飲んでも、体の一部が壊れかけても踊ることを止められない、、、、美しくも恐ろしい世界。

昨日に続き、台南見学。安平という史跡群に行く。1624年にオランダ人が入植し構築した城塞(ゼーランディア城)に行った。
昨日、国民的英雄「鄭成功」は火気に勝るオランダ軍をどう追い払ったのかという疑問があったが、その辺の解説があったり近隣の蝋人形館での資料も見てだいぶ解けた。鄭成功は中国人(海賊らしい)、母が日本人で、南京で学び、かなり政治的力があったらしい。行動力もあり、大群を率いて南京で戦ったり、アモイで戦ったり。台湾に上陸する時も水先案内人をうまく使って干潮時に相手の油断につけ込んで上陸、攻め方もかなり上手かったらしい(海戦、兵糧攻め)。日本・中国の傭兵を雇って長期戦に持ち込んで勝ったようだ。
さて史跡めぐりはそのくらいにして街歩きをする。結婚式の披露宴の服を売る店が多い。アニメの本・ビデオを売ったりコスプレ人形を売る店が多い。メガネ屋が多い。歩く若い人もメガネ族が多い。
食べるものも豊富。肉まん、粽(ちまき)、餃子、麺類、もち類など、ちょっとずつ味見が出来るのでグルメ(B級?)にはたまらいと思う。赤崁楼(チーカンロウ)の横の担仔麺(一種のタンタンメン)は本当にお勧め。おいしい汁に浸したゆで卵をトッピングして50元(200円)。何杯でもお替りできそうだが、我慢して次の店に・・・。
果物ジュース屋が道路上にいくつかあり、6種類くらいを混ぜてのミックスジュースがまた50元(200円)。砂糖を入れず天然の甘みのみ感じる。ヘルシー・ジューシー・ハッピー。
また「行きたいわん、たべたいわん、のみたいわん」のオセロのCMソングが浮かんできた。

これ以上申し上げても無駄ですのであなたからのお返事は、お断りさせていただきます。
今後もいいね、コメント、メッセージこれまで通り、すべての連絡手段をしないようお願い申し上げます。
私もこれまで通り、穏やかな世界に戻り、楽しませていただきたいと思います。
さようなら。

午後からは大学の後輩の吉田君に迎えに来て、もらい小一時間ほどでGreenwichへ。電車でグランドセントラル駅から電車で1時間くらいというが、多くの緑に囲まれ大きな一戸建の家が続く。まるで軽井沢。お嬢さんの教育のためにこの地を選んだとのこと。
吉田君は住友商事に勤務。トルコ、ジャカルタを経て、現在はニューヨークに通う。

ビジネスクールは3日目。テーマはモチベーション。前半は理論、後半は実習。
ストロークを教えた。タッチストロークで隣の人の肩をもむことを伝えたが、A?2のクラスはとまどって半分以上がやらない。従来、のりが良かったのに始めてのこと。私の進め方の問題もあるし、参加者の個性(知的で慎重)もある。
丁寧にマネジメントにどう必要かと説明しながら、相互に良い点をフィードバックしあう実習を提案。背中に相手の長所をかく実習だが、「紙を回して書けばよい」と何人かが提案。それでは知的なフィードバックになるし、楽しい雰囲気が出ない。ただあまりくどくど説明せず「とにかくまあやりましょう」と言って力強くリードした。

当時オンタイムで見たときには衝撃的だった。先日バレエ映画ポリーナを見て久しぶりに懐かしく鑑賞したが、素朴なドキュメンタリーに胸を打たれる。嘗てのエトワール、ノエラポントワNollaPontoisの娘、ミテキクドーも出演。母であるノエラの踊りは柔らかく、重心が体中心にあり、見るものに安定感を与える、近年のオペラ座ドキュメンタリーと比較すると、昨今の踊り方に変化がみられる。
ミテキはピナバウシュ振付の春の祭典以来、コンテンポラリーに目覚める。父親が日本人舞踏家の工藤大貮の血が疼いたのか?少し、映画ポリーナに似ている。
春の祭典なんて言うとストラビンスキーを描いた映画を思い出す、正に春の祭典を生んだストラィンスキーとシャネルの愛を描くシャネル&ストラィンスキーを久しぶりに見るか、ピナバウシュのドキュメンタリー映画に走るか、、、。

なぜ行ったのかですって?
言い忘れましたが、奥さんがソロと4人組の両方で予選を通過、見事全国大会参加なので応援です。
結果をドキドキして待ちましたが、4人組は3位入賞。ソロもいいかなと思いましたが、残念。
講評の審査委員の先生のコメント「基本が大事です。派手な曲でも一音一音正確に吹くことが大事」が印象的でした。なんでも共通ですね。

皆さん、お祭りの後の寂しさを知っていますか?
エサレンに別れを告げ、3時間半でサンフランシスコに。憧れのゴールデンブリッジを渡りながら、ブラジル・ソウルを口ずさみながら今日のことを思い出します。
翌日もヒーロー状態は続き、朝剣道の素振りをしていたり、お風呂で人と会うと「昨日はビューテイフルだった」というコメントをいただきます。
午前中が「ブラジル・ソウル(魂)セミナー」の最終日。祭りの後のけだるさでしょうか、集まりが悪く、40分遅れスタート。でもシーダ先生が踊りだすと皆続きます。楽器担当のジェイソン先生が変わらず良いリズム。彼は教師と言うかリーダーです。楽器は何でもできるし、説明はわかりやすいし、できない人を責めない。チームが良い曲を演奏できるように編曲し、メンバーの個性に合わせ振りつけも考える。
40分ほど踊りが続いた後、皆座って静かになりました。ジェイソン先生の静かに椅子製ドラムを叩く音が聞こえるだけです。静寂が訪れました。両先生は泣いているように見えます。メンバーの一人が涙を拭きにティッシュを取りに行きました。
「これで終わりか」と思っていると、ジェイソン先生の太鼓のリズムが聞き覚えのあるリズムになってきました。皆で床をたたき出しました。シーダ先生が立ち上がり踊り出しました。何ということでしょう、ジェイソン先生が今まで習った曲を簡潔に編曲、この5.5日間の総仕上げです。みんな踊りながら手をつなぎ、最後は全員でハグです。
音楽は素晴らしい。踊りも素晴らしい。ロシア・ハワイから来た人も、サンフランシスコから来た台湾系アメリカ人もみんな一緒です。音楽を通じて心は一つ、平和も音楽から実現すると思いました。

いろいろな、意見がありますが、アメリカは、政権交代可能なのが、いいところですね。
まぁ、芸風が違う考えで、実行可能なプランが2つ出せるのは、うらやましいですね。
今回は、1回は許すけど、次に挑発したら、フルボッコだからなと、念を押しました。
実質、何も出来なくしておいて、その状態でボールを返してしまいました。
はぁ、賢いなぁ。
あと、大統領は何も言わないと、コメントしていましたから、皆んな、期待しているのですが、今回はないですね。
うーん、こういうときには、刺激の強すぎる人は、お座敷がかからないものですね。
まぁ、平時の羽田、乱世の小沢一郎、大乱世の梶山静六とか、人は向き不向きがあります。
トランプさんは、大乱世には適任なのかもしれませんね。
さて、ボールが帰って来ちゃった、ありあげくんは、ロンブーさんが、言っているように、もう、正気ではありません。
春先のこんな時期に、ことを起こしたら、結局、自滅してしまうのですね。
江戸時代なら、殿、ご乱心で、座敷牢に閉じ込めてしまうのですが、北朝鮮は、家老がいないですからね。
かりあげくん以外は、No.2もNo.100もたいして変わらないような気がします。
まぁ、熊でも眠るみたいな、麻酔銃を撃って、眠らせてしまうのがいいですかね。
昨日、2時間半、仮眠時間に情報収集して、何も得るものがなかったので、頭にきましたね。
まぁ、今、寝不足で半分寝ていますから、よく寝たら、なんか書きますけれど、まずは、ぐっすり寝たいですね。
あー、ebayで、購入した、ダヴィンチヘッドのバイノーラルマイク作成用の耳型が届きましたね。
これを開けるのは、寝て、起きたあとですね。
とても、楽しみ。
運が向いてきたかなぁ。

◎スウェーデン人のメンタリティ?
「自己決定」。自分で決めて責任を取る。厳しい自然環境が背景にあるのだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました